成功率が高まる治療の一つ| ICSIを選択肢の一つに

はじめよう不妊治療

女医

妊娠を望む夫婦の1/10が、不妊に悩んでいるとも言われるのが近年の状況です。しかし大阪など各地で不妊治療を行う医療機関も増えており、体外受精によって多くの夫婦が子供を授かっています。

Read More

注目されている治療

夫婦

大阪をはじめ、日本全国で不妊治療は行われています。そんな不妊治療を受けるためにまず大切なのが、通院する病院選びです。治療方針やアクセスなどをきちんと考慮し、長く通える場所を選びましょう。

Read More

顕微授精の利点と将来性

妊婦さん

顕微授精の概要

ICSIは不妊治療に用いる体外受精の一種で、顕微鏡で見ながら体外に取り出した卵子と精子を直接的に、授精させるというものです。針のようなガラスの管を使い、卵子の中に精子を送り込むので、精子の量が足りなかったり、動きが悪かったりと言った場合にも適応可能です。男性から取り出した精液を、器具を使って女性器に注入するという物や、女性から取り出した卵子と精子を試験管内で巡り合わせると言った方法が困難でも利用できます。ICSIは受精率は高いので、沢山の受精卵を作ることが出来ます。ただ、着床率も通常の体外受精と同程度となっていて、年齢的な物や精子の質によっては、ICSIの作業自体が上手く行っても着床しにくい場合もあります。その点、着床率の向上についても様々な改善方法が開発され、今も研究が進められています。

高まる着床率向上の期待

ICSIでは受精率は高いものの、男女の年齢などにより着床が上手く行かないというケースもあります。その為、着床率を高めるための方法は様々なものが開発、研究されており、より妊娠に至る可能性が高まりつつあります。実際に病院で導入されているものでは、特殊な選別法で状態の良い精子を選び出したり、精子注入の際、卵子に負担が少ない器具を用いる方法などが有ります。排卵誘発剤の影響を避けるため、受精卵を冷凍胚にし、体を休ませてコンディションを整えるという事も選択肢です。他にも、アシステッドハッチングや胚移植方の工夫など、着床率を高める手段は多岐にわたっています。不妊治療を受ける際には、そう言った情報も把握した上で、出来る限りの事を検討したいものです。

病院の枠を超えた病院

病院

聖ローザクリニックは女性特有の病気や産科に力を入れた病院で、女性が安心して受診できる環境づくりを目指しています。インテリアやエクステリアは良い意味で病院らしく無く、個室の用意や車での送迎サービスなど、ユニークで嬉しいサービスを多く取り入れています。

Read More